ひむかブログ1 (宮崎人のブログ)

HimukaBlog〜宮崎県在住の開設者の宮崎観光中心、雑記みたいな〜
最近の話題は「ひむかブログ2」で。
<< エビソフト(エビ味のソフトクリーム) | 宮崎観光ひむかブログ1TOP | 母の日 (フローランテ宮崎と英国式庭園) >>
[宮崎 観光ひむかブログ2[ひむ かブログX2[ひむかブログX[ひむかブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]
【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

宮崎の新茶

先日、都城、郊外の道路を走ったが、茶畑が一面に広がり、向うに見える霊峰、高千穂峰と相まり、壮観であった。
宮崎は、都城をはじめ川南等、お茶の生産も盛んだ。

「夏も近づく・・・♪」・・ そう 新茶の季節である。

今年の1月だったか、地元局の特番(地元出身の国会議員全員、識者等が出席の討論番組)、「みやざきブランド」に関するテーマの中で、「宮崎茶」について話題になっていた事を思い出した。
丁度 サントリーの緑茶「伊右衛門」が生産量が追いつかない程に売れた後だったかと。
サントリーの緑茶「伊右衛門」、実は「宮崎茶」が使われているけど、宮崎茶という名前は当然ながら表には出て来ない、誰も宮崎のお茶とも知らず美味しいと飲んでいる。
宮崎の良いものをもっともっと積極的にブランド化して全国的に知らしめ、広めて行く必要があるのではないだろうか?という話題だったと記憶している。

確かに、九州の私でさえ、九州のお茶と言えば「福岡の八女茶」「佐賀の嬉野茶」等が思い浮かび、宮崎茶というのは思い浮かばないし、宮崎茶だからと購入した事もない。

もっともっと まずは地元のものを愛し、育てて行く心をもたねばと。


先日の日向夏みかんに続いて、宮崎のお茶のプレゼント記事を見つけたので引用しておきます。
(内容が良いのと当サイト内フラワーフェスタのページへリンクしていただいているので~~;)

新茶を5名様に 締め切りは2005年5月18日(水)

 宮崎県のある事務所を訪問したときのこと。出されたお茶を一口飲んで、思わず「おいしい」と感嘆の声をあげてしまった。「普段からこんなにおいしいお茶を飲んでいるのですか」との問いに、「そうですねえ。宮崎は茶所ですからね」と県関係者はおだやかに答えてくれた。

 かぼちゃ、ピーマン、カツオなど宮崎にはおいしいものがたくさんあるが、どうも地元の人は、これらを日常生活の中で「当たり前」にいただいているので、「特産品」とはあまり認識していないらしい。そこが、のんびりした宮崎の人の良さなのだろう。しかし県外の者からすると、何ともぜいたくでうらやましい限りだ。

 お茶もそのひとつ。ごく当たり前に、驚くほどおいしいお茶を飲んでいる。宮崎では4月下旬ともなれば、新茶の季節だ。一番茶は、もちろん初物として喜ばれるが、アミノ酸の含まれる量も多いのだそうだ。おいしい入れ方はまず、湧水を一度沸騰させること。その後50〜60度に冷やし、茶葉を入れる。アミノ酸のうま味が溶け出て、最高の風味が味わえる。

 宮崎では古くから茶が栽培されていたようで、江戸時代の文献「三国名勝図会」には県南部・都城の茶の記述が残っている。「霧島山の大麓にして、渓谷多く、雲霧常に深く、古来当邑(都城)は霧海ともいう。故に茶の品上好なり」。霧の発生する地は、茶栽培に最適。都城のお茶は江戸のころから、評判だったようだ。現在では、北は高千穂町から南の串間市まで、県内各地で茶栽培が行われている。九州の茶といえば、福岡の八女茶や鹿児島の知覧茶が有名だが、生産量(荒茶ベース)で見ると、隣県の鹿児島がトップ、ついで宮崎(平成16年度、3780トン)だ。

 「まあ、茶でも飲んでいきないよ」。急いでいる人に宮崎の人はこう語りかける。ペットボトルのお茶で満足しているようでは、まだまだ。急須に広がる茶葉を楽しみ、湯飲みから立ち上るほのかな湯気を大きく吸い込み、ゆっくりと茶を口にふくんでみよう。お茶本来の甘みが実感できるはず。お茶の香りはアロマ効果もばっちり。癒しが欲しい人はぜひ、お茶を一服。

 お茶はゆっくり、のんびりの宮崎にぴったり。こんなすばらしいものを、さりげなく当たり前に飲んでいたなんて、宮崎の人には、かなわないな。


ちなみに「伊右衛門」は京都で200年以上の歴史をもつ老舗茶舗、福寿園の茶匠が厳選した国産茶葉を100%使用し、ブランド名の「伊右衛門(いえもん)」は、福寿園の創業者の名前にちなんで名づけたとの事。


追記

2005年6末頃より?CMが流れ出した伊藤園の「おーいお茶
川下り編」これは宮崎県の高千穂峡でのロケですが、高千穂峡には船頭さんとかはおりませんし、また、下っても数百メートル程度です。
実際は渓谷、滝見物等の為にボートに乗るという雰囲気のところです。
高千穂峡は絶景ですよ。是非いらして下さい。
流石プロ、良いアングルで撮影してますね。
参考迄、「滝編」も高千穂峡の真名井の滝かな?と思いましたが、滝編は鹿児島の滝の様です。

nextCM動画リンク(伊東園サイト)http://www.itoen.co.jp/cm/index.html
http://www.itoen.co.jp/oiocha/cm_3.html






楽天トラベル九州旅行
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

nextPRJTBサイトで宮崎県のホテルの空室確認/予約




ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 宮崎に関する話題 | 00:15 | comments(12) | - |

 *リンクフリー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひ むかブログ@宮崎発


MORIMORI 2006/08/27 3:00 PM
八女玉露さん 「八女と言えばお茶」って連想するくらい有名どころですね。

八女玉露 2006/08/23 3:42 PM
はじめまして。
お茶が大好きな八女玉露と申します。
新茶の季節ですね!宮崎のお茶といえば都城でしょう!

私は福岡の八女茶が大好きです。
八女茶のおすすめサイトです。
よければ、訪れてください↓

http://www.marushimaen.co.jp/


MORIMORI 2005/05/08 6:38 AM
茶むりゑさん はじめまして 
お茶に関するブログ、興味深く拝見しました。ハンドルネームもいきですね。
おそらく宮崎茶だけではなく他のものとブレンドしているのではとは思います。TBありがとうございます。

茶むりゑ 2005/05/07 1:41 PM
伊右衛門の記事を再更新して、こちらのブログを紹介させていただきました。これからもよろしくお願いします。

茶むりゑ 2005/05/07 1:34 PM
伊右衛門が宮崎のお茶とは知りませんでした。。。
勉強になりました。

MORIMORI 2005/05/06 11:57 PM
kazuhikoさん
静岡はお茶の本場ですね。
新茶(地元のお茶)早速購入して来ました。
流石新茶、香りがよく美味いです。

kazuhiko 2005/05/04 8:14 PM
こんばんは。

九州地方は、国内でも有数の茶処らしいですね。
勿論、私の住んでいる静岡は、お茶の生産量、知名度では全国区ですが、実は… 静岡茶といわれて売られているものには、結構、他の産地のお茶とのブレンドも多いそうです。鹿児島がお茶の生産量ではかなりの量があるようで、静岡茶にブレンドして出回っているのだとか。
もっと、ご当地のブランドを前面に出して売れるといいのにな〜と思ったりします。

MORIMORI 2005/04/29 7:54 PM
あのページ自体は昨年作成して今年少しアレンジ増強したものです。Webページは一生ものですね(笑)

ハルク 2005/04/28 9:57 PM
ひぇ〜!
知らぬ事とはいえ失礼しました。
>当サイト内フラワーフェスタのページへ
行ってみました。
私が記事の中でリンクを貼らして頂いたページじゃないですか。
あまりに親切、詳細なサイトでしたので、てっきりフラワーフェスタの公式ホームページかと思ってました。^^;
改めてありがとうございました。(^^♪

MORIMORI 2005/04/28 9:55 PM
しょうやんさん>
 伊右衛門が売れたのは味もさることながらあのサントリーのCM効果が大きいでしょう(~~) そういうのが大事なのです。そういうのが宮崎には欠けているのでしょうね。
ブログやってたのねぇ〜 ヤフーのはデフォルトデザインが良いよね。

Yes福岡さん>
神戸牛そうなんだぁ・・しらんかった(~~)
門川でとれた 鱧(ハモ)も京都の料亭でこれは旨い、やっぱり京都は、鱧だよな〜と・・食されているでしょうかね〜。

Yes@福岡 2005/04/28 6:14 PM
都城のお茶を飲んで育った私としてはもっと宮崎頑張れと言いたいですね。神戸牛だって元々は宮崎牛の子牛が神戸に行って育って神戸牛になってるって聞いたし。(もちろんすべてではないけど)野菜と地鶏だけじゃないですよ。

しょうやん 2005/04/28 12:54 PM
新茶の季節ですかぁ〜^^
宮崎茶ってのがあるんですね。一度のんでみたいです。

伊右衛門茶ってあのCMで〜てっきり京都だと信じ込んでました。^^;










(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
今回の一枚 高千穂神楽 アメノウズメ
[高千穂の夜神楽]


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp

  みやざき