ひむかブログ1 (宮崎人のブログ)

HimukaBlog〜宮崎県在住の開設者の宮崎観光中心、雑記みたいな〜
最近の話題は「ひむかブログ2」で。
<< 西都古墳祭り | 宮崎観光ひむかブログ1TOP | 去川の大イチョウ >>
[宮崎 観光ひむかブログ2[ひむ かブログX2[ひむかブログX[ひむかブログ別館[PhotoMiyazaki宮崎観光写真]
【お得な宿泊情報】九州旅行、第二期「九州ふっこう割」最大で50%引き、10月〜12月28日
九州旅行、最大で5割補助

大塚原公園 (野尻町)

 野尻町 大塚原公園から見た山の風景

水墨画のようなこの風景は、道の駅ゆ〜ぱるのじりに 隣接する大塚原公園から鰐塚山方面を秋の朝に見た光景です。

大淀川支流の岩瀬川、城の下川辺りがあるからでしょうか、靄がかかり、プチ雲海のようになり、幾重にも重なる森、山、が綺麗でした。
条件がそろえばもしかすると綺麗な雲海が望めるポイントなのかも知れません。

 野尻町 大塚原公園から見た霧島連山 00

霧島は 馬の蹄(ひづめ)にたててゆく 埃(ほこり)のなかに遠ぞきにけり

大正3年(1914)8月18日に正岡子規に師事し、郷土の生んだ歌人、若山牧水(東郷町)とも親交のあった茨城県出身の歌人 長塚節(1879-1915)が乗合馬車で小林から宮崎(青島)へ向かう道中、ここ大塚原公園のある三ケ野山で遠ざかる霧島連山を眺めつつ詠んだ歌です。
霧島連山を一望できる頂上広場に歌碑があります。

この公園の存在自体あまり知られてないようで・・殆ど人を見かけません。高千穂峰をはじめとする霧島連山が綺麗に見えますので、是非「道の駅ゆ〜ぱるのじり」に立ち寄る際には訪れてみてください。
ヒガンバナ、ツツジ等が一帯に植栽されているようですので花の時期はさらに良いと思います。






楽天トラベル九州旅行
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等
宮崎県内の宿泊施設(ホテル・旅館・民宿・ペンションなど)の紹介
宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション

 野尻町 大塚原公園から見た霧島連山 01

公園内には駐車場(10台弱)、トイレ、展望台、少しの遊具等もあり、道の駅「ゆーぱるのじり」の駐車場右奥より車で登る事が出来ます。(登坂と言っても1分もかからない距離です)
夜間〜早朝はゲート閉鎖されるようですので徒歩となります。

 野尻町 大塚原公園 MAP

next 大塚原公園の場所 西諸県郡野尻町大字東麓 地図(Mapion)

 [画像追加] 季節はずれの霧島連山の雪とツツジ

 季節はずれの雪 霧島連山とツツジ

 [壁紙] 大塚原公園から見た風景の壁紙 ワイド画面用壁紙




ユーザーが選んだ!!クチコミ・売れ筋宿ランキング


| 宮崎に関する話題(2) | 11:12 | comments(3) | - |

 *リンクフリー*各ページへのリンクは自由にどうぞ。By ひ むかブログ@宮崎発


MORIMORI 2006/11/14 7:02 AM
武蔵 さん
そういえば武蔵さんのブログにも今年初め頃にエントリーされた記事に「大塚原公園」がありましたね。
(長塚節が滋賀県出身って書いてありましたが茨城県じゃないですかね。たぶん。)
確かにあそこは東側も開けておりますので初日の出に良さそうなポイントだと思います。

amies さん
京都でしたら山ほどあるような景色ではないでしょうか。
良く見せようとフレーミング等を考慮して写真にしてますので随分良いところに見えますが実際に見たらこんなものか・・と思うかも(爆)
ゆーぱるのじり…良く覚えてくださってましたね。
それともメロンソフトクリームでパブロフの犬状態?(^^;)

武蔵 2006/11/12 6:34 PM
師匠、大塚原公園を取り上げて頂き、幸栄です。家のすぐ近くに見晴らしの良い公園があるってのは、良いものです。初日の出は、ここ数年こちらで拝んでおります。

amies 2006/11/12 9:07 AM
MORIMORIさん、おはようございます!

大塚原公園からの山のお写真、まさに水墨画のようですね。
うっすらかかった霧で、グラデーションになった山の深い色合い。
ため息が出ます。*^.^*
京都府には、この様に雄大な景色は あまりありません。
京都市内から、舞鶴や宮津(天橋立)に抜ける、南丹・中丹と言われる
京都府の中部も盆地状態で、山々に取り囲まれ閉鎖的な感じです。
九州の雄大な自然や景色が、恋しいです。(;_;)

そして、ゆーぱるのじり…と言えば、確かメロンソフトクリーム?でしたよね。
メロン好きの我が家、しっかり道の駅、インプットされています。(笑)
嗚呼、雄大な自然に癒されたいです。
(あっ!でもMORIMORIさんのお写真には、いつも癒されています。)










(注:エントリー記事に関係のないコメントは削除させていただきます。)
今回の一枚 高千穂神楽 アメノウズメ
[高千穂の夜神楽]


日本のひなた宮崎県 hinata-miyazaki.jp

  みやざき